小鼻の黒ずみはどうやって消せるの?

ケアをしてもなかなか取りにくい小鼻の黒ずみは、人から見られやすく、ひどい場合はファンデーションでもきれいに隠れないため気になる肌トラブルの一つです。

 

放置しておくとどんどん悪化してしまうため、しっかりとケアをすることが大切です。

 

原因は、落としきれなかったメイクや古い角質、空気中のホコリなどが古い皮脂や老廃物と混ざり合って毛穴に詰まって角栓となり、それが酸化することで黒ずみとなります。
その他、紫外線や過度なケアも原因の一つです。

 

消すためには毛穴のケアをしっかりと行うことが大切です。
特に洗顔は大切で、しっかりと泡立ててその泡で包み込むように優しく洗います。

 

気になるからとゴシゴシ力を入れて洗うことは良くありません。
そして、洗顔後にはできるだけ早く保湿をして肌を潤すことも大切です。

 

また、洗顔やクレンジング前には蒸しタオルを使って毛穴を開き、やわらかくすることで汚れを落としやすくします。
若いころは鼻のあたりが、年齢を重ねると小鼻のあたりが気になる毛穴は、毎日の洗顔やスキンケア、生活習慣などで少しずつ改善されます。
すぐに消えたり効果が実感できるものではありませんが、根気よく毎日ケアをすることで黒ずみが目立たない肌を作ることができます。